​事業案内

施工後

施工前

外壁改修工事

 外壁の劣化は仕方ないと思うかもしれませんが、住まいの耐久性に大きなダメージを与えます。
 外壁のひび割れや剥離を修繕することは、単に美観を保つだけでなく、水の侵入による建物全体の老朽化を促進させる動きを抑制します。

 外壁改修工事は新築のような見た目を彩るだけでなく、建物を長く利用するための機能性を高める働きを持っています。
 春日市の株式会社ポリマーではお客様の状況に合わせて迅速に対応致します。

  • 下地補修 タイル剥落危険箇所補修、ひび割れ補修など

  • 外壁タイル全面に剥落防止用ネット張り(ビニロン系)

  • サッシ取り替え(カバー工法)、ガラスは断熱ガラス使用

  • 外壁仕上げ材は軽量のアルミサイディング使用(断熱材入り)

  • 完了

施工後

施工前

防水工事施工後
防水工事施工前

​防水工事

雨風から建物を守る防水機能。

ビルやマンションの屋上に行う防水措置は、気候の影響を大きく受けてしまいます。そこで、建物の漏水が起こってしまい、大きな改修が必要になってしまいます。

 このような事態が起こってしまう前に、現状を点検しながら改修箇所をピックアップし、防水工事を施すことが重要です。
 学校、マンション、個人住宅などの屋上、ベランダ・廊下・階段・床、 その他の防水工事を主に行っています。
下地処理から仕上げまで塗膜防水、FRP防水、シート防水、シーリングなど承ります。

外壁改修工事

塗装工事

 塗装の寿命は建物が晒されている環境にもよりますが、一般的には5年と言われています。

 見た目の良し悪しを決めるだけでなく、建物を守り、建物の価値を高める役割もあります。建物に再び元気を吹き込み、建物の寿命を少しでも長くするためのお手伝いを行っています。

​ 塗装工事の目的は美観を補うというよりも、建物の健康を保つための措置というイメージが適切です。外からの刺激を建物内に影響させないためにも、定期的なメンテナンスが必要になります。

法人工事

注入工事

 外壁は経年的な劣化によってひび割れを起こすことがあります。そのままにしていると建物の耐久性にも影響を及ぼすため、そんな問題を解決するために注入工事を行います。

 コンクリートやモルタルのひび割れに対し、エポキシ樹脂を注入することで外壁の耐力を補強することを注入工事といいます。

 小さなひび割れにも対応することができますし、雨風の影響を建物内で問題視する前に簡単に解決できるのがメリットです。

 外壁の改修工事には欠かせない対応ですが、注入工事のみの相談もお受けしています。